2006年11月 4日 (土)

最後のレッスン She Loves You....rit

Gaikan

6月に通い始めたギター教室、駐在辞令のために先月末で退会届け出していたものの先月は出張で全く通えず.....と思っていたら一回休講になった分の振替が今日になったとの連絡! 男前の A先生と同級生(?)の皆さんに最後に挨拶できて良かった。皆さん、お元気で、受付のやさしい皆さん、ありがとうございました。記念に教室の風景を掲載(教室のサイトから拝借しました、大目に見て下さい)。

最後のレッスンなのにピックを忘れ、一円玉で弾いていたらものの10分で右手が銀粉だらけ(毒性ありそう)、見かねた先生のピックを借り、最後の課題曲"She Loves You" の練習に励んだ。 やはり課題はバレーコードへの移行。BmとCmに行くときにもたつく、飲んだ後の胃のように.......

ヒューストンに行ったら暫く休日暇だろうから、せいぜいバレーコードの練習に没頭しよう。

今日のBGM: "Nagisa-bashi" (Odaiba Wind)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 3日 (金)

食べ納めシリーズ ラーメン編

Photo

出張と送別会の連続で、ついにガタが来た。
銀行関係の手続きをしようと昨日有休を取ったのが気のゆるみを招いたのか、身体がだるく、風邪っぽい。
しかしこの貴重な週末三連休はプライベートの赴任準備をこなさねばならない(既にやるべきこと山積み!)、ということで朝から航空便荷物の荷造り。ついてでに衣類中心に不要な物を廃棄することにした。

物を持たない主義を進めてきたつもりだったが、それでも存在を忘れていた小物や、過去2年間は着ていない洋服などがあれこれ出てきてたまげた。

肉体労働(?)で普通の休日モードより腹が減ったので、「日本にいる間に食べておきたいもの」リスト外食編に沿って先ずは家から徒歩1分の大勝軒に行ってきた(近い割に3年振りなのだが)。感激度合いは薄れたものの、懐かしく安心する煮干しスープを堪能した。しかし、もはや若くなくあれた胃には普通盛はしんどくなってきた。次回はいつになるかわからないが、多分「麺少なめ」にするだろう(それでも普通のラーメン屋より多そう)。

今日のBGM: "Lamento" (Antonio Carlos Jobin) ←ラーメン党ではありません。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

駐在準備第一弾?

Dsc00279

遂に3回目の海外勤務の内示を受けた。
前回の中国駐在から帰国してもう4年、東京暮らしは嫌いではないが、新天地に行くのも好きな性分としてはちょうどいいタイミングかも知れない。それに前回のような場所だと単身赴任しかないが、今回は米国なので家族も帯同できそうだし.....

おかげで10月はプライベートも仕事も、バタバタしそう。
ということで(?)、先ずは気になっていることから、愛犬びんろ君のワクチン接種がてら、犬を帯同する際に必要なマイクロチップのことを聞きに、かかりつけの動物病院に行ってきた。

犬を海外に連れて行くには、厳しいところは何ヶ月も検疫で保留されると聞いていたが、米国はなんとかなりそう、それにしても犬の体内にマイクロチップを埋め込むなんて知らなかった。きっとその内、人間にも血液型とか既往症とか、個人情報が入ったチップが埋め込まれて、不慮の事故で病院にかつぎこまれた先でも情報がスキャンできるようにとかなるんだろうなー等と想像してしまう。

結局、ネットで妻が調べてくれていた以上の情報は得られず(それはそうかもしれないが)、大使館と農水省の検疫所によく聞いて下さいねというありがたいアドバイスをもらって終わった。来週大使館で聞いてこよう。

あ゛〜、来週から酒量が増加しそうだなぁー、いつも飲んでるウコンに加えて、へパリーゼ買いだめしとかないと。

今日のBGM: "Technologic" (Daft Punk)


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年6月25日 (日)

シャーゴトム?

どんよりとした曇り。
こーゆー日は家にいるといくらでも怠惰に寝ることができる。

それも魅力的だが、そうすると月曜まで引きずりそうなので、少しローテーションを前倒しして散髪に行った。
予約無しのとびこみなので30分以上待ったが、その間においてある雑誌で世間の情報を収集。なるほど、最近は細木数子が叩かれてるんだ。しかし何で今更なんだろう?? 最初から怪しいおばはんだったのに、視聴率がとれるので、あえて珍重してきたんだろうに。ちと接待番組なんかでの振る舞いが目に余ってきたのかな。

夏モードにやや刈り上げてすっきりしたら空腹になったので、妻と合流して近場探索に出た。
湿気払いにカレー系を物色していたが、以前口コミでまぁまぁの評判を聞いていた「シャーゴトム(Shagotom)」なるインド(バングラ?)食堂に行くことにした。

なんとなくB1の中古レコード屋におりていくような風情の階段をおりると、テーブル席2つ、カウンター席4つのみのコンパクトな店内、しかし誰もいない(時間も6時前と早かったが)。と、後ろから「しぃましぇーん、まてください」とインド系日本語が.........店主、用足ししていたらしくあわてて入場、ってな感じで、とても現地風(アジアのどこかの街にある感じ)なオープニング。

ディナーセットと名付けられたどこにでもあるカレー+タンドリチキン+サラダ+ナン/ライス+ドリンクというコンボを頼み、地元ビール、マハラジャで湿気払い第二弾。価格=庶民的、味=非本格派(悪い意味ぢゃなくて、適当に日本人の舌にあうようにアレンジされてる感じ)。カレーは注文時に「辛さどれくらい?」と聞かれたので、「何段階?」と聞き返し、「甘い、中辛、大辛」の真ん中を選択。でも普通インド料理屋ででてくる味より甘かった(野菜のピューレ感があって、好印象だったが)。チキンも脂っこくなく、ドライでマル。ビールによく合う。

店主に「Shagotom」の意味を聞くとヒンズー語で「いらっしゃいませ」だと。
いつかムンバイのマクドで実地調査してみたい。

今日のBGM: "Addicted to Love" (故Robert Palmer)
Image53

| | コメント (0) | トラックバック (0)