2010年6月14日 (月)

古着を売って、休みも黒字 Buffalo Exchange & Tart Cafe

今年初の有休取得。
とはいえ愛犬びんろ号に散歩を催促されるので寝坊はできず。

Dsc00123

午前中、日本vs.カメルーン戦を観てテンションがあがってきたので恒例の古着処分に行くことにした。
(日本代表の快挙に乾杯!中身はともかく緒戦勝利&本大会海外での初勝利はめでたい。しかし岡田監督ってのは強運やね)

さて、Houstonで古着を売ると言えば、Westheimer沿いの骨董&古着屋ゾーン。
ランドマークにでもあるバッファローエクスチェンジへ。

Buffaloexchange

BUFFALO EXCHANGE
1618 Westheimer (610よりかなり内側、DunlavyとMandellの間)
Houston, TX 77006
(713) 523-8701
Store Hours:
Monday–Saturday 10 am–8 pm
Sunday 12 pm–7 pm

週末は買取査定待ちで大行列なのがつらいのだがさすがに月曜日、1組待ちですぐにBuyerの査定を受けることができた。最大手だけに、男物も買ってくれるし(1年ほど前にユニクロの男物を「クール」と言われながら購入価格以上の高値で引取ってもらったこともある、未使用のものだったが)、女性ものは服だけでなく、靴やバッグもオファーしてくれることもある。ただし、こちらが自信満々で持ち込んだものが売れずに、意外なものに高値がついたりするのは、まぁ好みの違いというか、マーケットの違いなんだか、結構おもしろい。

半年前に来たときにはダイアナロスを横幅だけ倍にしたような無愛想なBuyerに持ち込み品の8割をrejectされるという屈辱を舐めたが、今日は割と格上っぽいBuyerにあたって9割以上の買取率、平日で余裕があったせいもあるかもしれない。これからは平日に行こう。

査定は現金買取価格とクレジット(この店での買い物に使える金券)のいずれかを選択可能。当然、現金のほうが安めになる。

売れなくてもあきらめるのはまだ早い。
道の反対側のモールから西に向かって5−6店、小降りの古着屋が並んでいるので、はしごしてみると売れる可能性あり。Taxi-TaxiというTシャツ中心のちょっと怪しい(入れ墨屋兼)店で2点さばくことができた。

軍資金を得たところで、腹ごしらえ。
Montroseに近いので、こちらもできて間もない TART CAFEに潜入。

Tartcafefacade

www.tartcafe.com
4411 Montrose Boulevard
Houston, TX 77006-5854
(713) 526-8278

Museum Distictどまんなか、美術関係のオフィスビルの1階というロケーション。
フルサービスの店ではなくて、基本的にセルフサービスのサンドイッチ屋の風情。

場所はMontroseと59が交差するあたり(北からMontroseを降りてくる場合は、59の陸橋をわたるすぐ手前の小道を左折して、建物の裏側に回ると、パーキングがある)

Tartcafeparking

カウンターで注文したあと、テーブルウェアは(下の写真の奥のほうにあるコーナーから)自分でとって自分の席へ持っていくと、料理はちゃんと持ってきてくれる。

Tartcafetables

詳細メニューは上記のwebsiteからどうぞ。
サイト上でも「must」と書かれている「P.M.S」サンドは是非。
Prosciutto, Mozzarella, Spinachの頭文字を取っているものの、トマトもタマネギも入っていて絶妙。プロシュートとの相性ならパンはHoney Wheatを。

ランチには"Cup & 1/2"というコンボを推奨。
カップスープと、ハーフサンドイッチ(またはハーフサラダ)+ピタチップのセットで$9.95
日本人の普通の昼飯ならハーフで十分。ピタチップも結構膨れてくるし。

Tartcafewindow

とてもデザートは入らないので、看板のタルトは持ち帰りで。
なんといっても「Margarita」を。

今日のBGM: "Surrender" (Cheap Trick)

| | コメント (0) | トラックバック (0)