« 2010年6月 | トップページ

2010年7月10日 (土)

ヒューストンのFMラジオ局 2010 update!

通勤や仕事で、平均1時間以上は車の中で過ごす毎日。
ipodもいいけど、曲の選択が面倒臭い時もあるし、やっぱり気軽な地元のラジオ局は欠かせない。

こちらのFM局は専らジャンル指定の局が主流、だからテイストに合わせて選んだらあとは有線放送のようにかけっ放しでも、聴きたくないジャンルにスイッッチしないので楽だ。

でもラジオ局の買収や統合もあって、お気に入りの局の周波数が全く違うジャンルの局に変わってたりすることもあるので、4年前につくった局リストも陳腐化。ということで人気のHoustonianに人気のFM
局をリストアップ。

周波数  (愛称)   ジャンル/人気番組

88.7khz  NPR (National Public Radio) 公共放送系、ニュースとクラシックが充実

93.7 (The Arrow)  Classic Rock - 70-80sのロックの名曲。平日の朝、8時過ぎに、いたずら電話をかける「ドッキリラジオ」的番組があって割と人気。

94.5 (The Buzz)  Alternative 専門。ほとんど知らないアーチストだらけで、たまに聴くと新鮮。 Rod Ryan Showが看板番組

95.7 (The Wave) "Smooth Jazz" と銘打って「Fusion」とアダルトブラコン。テキサスの強烈な日射しがさす昼間には似合わないので、日没後に。

96.5 (MIX) "Best Mix"を自負して往年の名曲と最新のヒット曲の混成。というコンセプトは買うが、選曲がイマイチなせいか、なかなか人気出ず。で知らない人多し。

97.1 (Legend) Country専門局。テキサス生まれのアメリカ人の車には必ずプリセットされている。長距離ドライブ時にかけると流れる景色との相性は抜群。

97.9 (The Box) HIP-HOP専門。大型ウーファーを搭載している若者(何故か黒人よりもヒスパニック系の若者に特に)人気みたいだが、おじさんにはどれも同じに聞こえて飽きる。

99.1 (Sunny 99.1) 他の日本人駐在員の車に乗ると非常に高い確率でこの局にラジオが設定されている、恐らく前任者からの引継を受けた後、横着して他を探さないのだろうか。とはいえ、80s中心+適度に最近のヒット曲をまぶして聴き易いことは確か。

100.3 (Real Country) "Legend"と覇権争いをしているカントリー専門局。素人にはその差がわからない。

102.1 (Magic102) アーバンコンテンポラリーと銘打っているのだが、いかんせん企画倒れというか、中途半端というか、痛い。

104.1 (#1 in Houston) こちらも若者に人気の要するに最新ヒットチャート、Top 40をカバーする局。リクエストにも応じているせいか、数年前のヒット曲も頻繁にかかるので、暫くアメリカのヒットチャートから遠ざかっていたおじさんには勉強になるのでよく聴いている。看板場組 Roula & Ryan Show (平日6-10am)はヒューストンで1−2を争う人気番組。

106.9 (The Point) 80s中心で、コマーシャル抜きで50分以上曲を連続でかけることを売りにしているのだが、1時間以上聴くと「振り出し」に戻る、つまり同じローテーションを繰り返しているだけなので、数日置きにきくべし。

107.5 (The Eagle) Classic Rock (70-80s)専門で、白人のおじさん達にも人気高し。看板番組「Dean & Rog (平日5-10am)」は通勤時の友だが、視聴者からのリクエストで誕生日にいたずら電話をかける "Birthday Scam"がおもしろい。昨日のネタは、「最近アコードを下取りに出して新車を買った友人にいたずらしてくれ」というリクエスト。Deanがディーラーを装って電話をかけ「おたくがこないだ下取りに出したアコードね、すぐオーバーヒートになる問題があって、売り物にならないことがわかったんだけど、エンジンに欠陥あること隠して売っただろ」といちゃもんをつけ、「修理代として追加で$3000払ってもらいたい」と迫るという展開。あわれな被害者、口論に疲れて「じゃあ半額の$1500払うよ」と根負けしたところで、「マジ?お人好しだね、お誕生日おめでとう!」。
他愛無いものだが、生の英語の勉強になる。

今日のBGM: "Always" (Atlantic Starr)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ