« マイケル・ジャクソン発見ウィーク | トップページ | 台湾系カフェめし Teacup Cafe »

2010年5月 1日 (土)

Burger界の新星〜FIVE GUYS -

年齢的に、もはやBURGERを日常的に食べる胃腸は持たないのだが、新しい店は試しておかねばならない。去年頃からぽつぽつと店ができ始めたバーガー界の新星、Five Guys Burger & ries (5GB)、気がついたらもうヒューストン界隈に6店舗もできていた。
5gb
で、ついに自宅から一番近いモールにも出来たので試食(この所、体重急増でバーガーしている場合では無いのだが)。

午後4時過ぎという中途半端な時間を狙って行ったせいか、客もまばらで即注文。
クロアチアの国旗のような配色の店内は至ってシンプルで完全オープンキッチン。
ハンバーガーを作ったりフレンチフライを揚げたりする店員の一挙一動が観察できる、これはたしかに内装コスト削減と品質管理向上の一挙両得ではないか.....(いかん、つい職業病で事業評価しそうになった.....)

メニューも至ってシンプル。

○バーガー($3.99-5.29)
基本のハンバーガー、チーズバーガーと各々にベーコンを付けた4種類で、大きさはstandardとlittle、要するに前者はパテ2枚、後者はパテ1枚

○ホットドッグ($2.69-4.19)
Kosher style、Bacon&Cheeseの組合せとVeggie、ハンバーガーだけでは足りないという強者のおかずといった位置づけだろうか。

○フレンチフライ($2.89-3.99)
RegularとLargeだが、前者で余裕で2−3人分あるので、マクドナルド感覚でLargeを頼むべからず。

○ドリンク
ソーダ類、リフィル付きでレギュラー$1.99
ラージもあるがリフィルがただなので意味無いと思うのだが、なんであるんだろう?持ち帰り用か?

5gbhanburg
さて、先ずはシンプルにハンバーガー(スタンダード)だが、トッピングは全てただで注文時に頼むシステム。トマト、レタスといった「それは基本だろ?」と思うものまでがトッピングなのは、結構野菜嫌いが多い証だろうか。

他にはタマネギ(生、グリル)、マッシュルーム、ハラペーニョスライス、ピーマン、ケチャップ、マスタード、BBQソースに、おなじみA-1ソース等等。

で、でてきたバーガー、見た目は不細工ながら、このパテの粗挽き感というかゴツゴツ感が、ファーストフードではなくて自家製という雰囲気で肉も旨い。野菜もかなり新鮮。作りおきをしないで注文後にスタッフ一同で調理にとりかかる姿は日本ならモスを彷彿とさせるが、もっと素人風。

ポテトも、粉から成形したようなものではなくて、皮付きアイダホポテトを注文後に、1オーダーずつあげているので新鮮。ただ、最後にドバーッと振りかけられてしまった大量の塩のせいで、完食できず。今度行くときは注文するときにNo Salt指定するのを忘れないようにしよう。

親切な店員が「今度はネットで注文しといてから来ると、待たないでピックアップできるよ」と教えてくれた。www.fiveguys.com

満腹。

今日のBGM:"S.O.S" (ABBA)

|

« マイケル・ジャクソン発見ウィーク | トップページ | 台湾系カフェめし Teacup Cafe »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26854/48239971

この記事へのトラックバック一覧です: Burger界の新星〜FIVE GUYS - :

« マイケル・ジャクソン発見ウィーク | トップページ | 台湾系カフェめし Teacup Cafe »