« Sushi Raku ダウンタウンの新顔 | トップページ | Burger界の新星〜FIVE GUYS - »

2010年4月18日 (日)

マイケル・ジャクソン発見ウィーク

とあるプロジェクトでまさに寝食を忘れて一緒に取り組んだご縁でかれこれ13年ほどのおつきあいとなるS氏は、また「読書の師匠」でもあり、いつも面白い本を紹介してもらっているばかりか、時に読了した本をその場で惜しげも無く下さる太っ腹な御仁。

恐らく1日2冊以上のペースで読み続ける彼にも、駄作を買ってしまうこともあるとは思うのだが、その眼鏡にかなってこちらに薦めてもらえるものは、例外なくおもしろい、或は役に立つもの。日本の書籍を立ち読みする機会が全くないテキサス駐在にはまことに有り難い存在である。

で、先週出張で東京に戻った際、黒豚を食べながら最近の読書評を聞くに、またまた数冊の本を貰ってしまったのだが、その中の一冊が「マイケル・ジャクソン」という新書だった。ちなみにS氏の守備範囲は太陽系位の広さがあり、硬軟(本のカバーではなく内容)縦横無尽。ま、だからこそ自分が読める本も薦めてもらえるのだが........

実は最近観たマイケルのラストツアーDVD、「This is it」の余韻に浸るため、日本行きの機内では仕事しながらもipodでマイケルの曲をシャッフルでかけ続けていたので、その勢いにのって即読んでしまった。おぼろげに想像してはいたが、幼少期に受けたこころの傷の深さと有名になってから無惨に獲物にされ、被害者であり続けたことが、漸く理解できたことで、今更ながら若すぎる死が悔やまれてならない。

色々な曲にまつわるエビソードを読んだあと、また帰りの便で聴きなおした曲がすべて、違った聞こえ方がした。今まで恐らく何百回と聴いた曲も多いはずなのに。知ったつもりでも知らないこと、今まで聞こえたことがなかった声(言葉)が耳に入ってくる感覚は感動。

今日のBGM: "She's Out of My Life" (Michael Jackson)

|

« Sushi Raku ダウンタウンの新顔 | トップページ | Burger界の新星〜FIVE GUYS - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26854/48126575

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ジャクソン発見ウィーク:

« Sushi Raku ダウンタウンの新顔 | トップページ | Burger界の新星〜FIVE GUYS - »