« 日曜の夜、いきなり痙攣!(ヒューストンお犬様事情その3) | トップページ | インド君 »

2007年5月18日 (金)

事故らない運?

また更新をサボってしまった。

サボっているうちにヒューストンもすっかり日本の真夏並の陽気になり、買物等で露天駐車する度にサウナ地獄を強いられている。早くシェードを手に入れねばならないが、トラックのフロントグラスはでかいので標準では足らず、中々見つからないのが痛い。

さて、晴れていてもいきなり小型のサンダーストームが来襲するのが大陸南部ならではだが、こないだもハイウエーを走っていると前方の空が見る見る暗くなっていき僅か5分で五月晴れからバケツをひっくり返したような豪雨になってしまった。

こちらの道路は水はけが悪く、ハイウエー上でもすぐ水溜りができる(日本ではなかなかお目にかからないが)。水溜りにハンドルをとられては不味いので、3車線の真ん中を時速50マイル位に減速していたら、右車線後方から黒のフォード(こいつもトラック)が追い越していった(右側通行なので追い越し車線は左やろ、と思うのだが余り気にしないらしい......)。

と、次の瞬間、黒フォードがいきなり真横になったかと思うとコントロールを失いながら、真ん中の車線を横切っていき、中央分離帯にぶつかって、またこちらの車線に戻ってきた。しかしこんな非常事態にも拘わらず、何故かすごく冷静に(というか見とれていたという方が正しい)、とにかくブレーキだけは踏まないように走り、左から来るフォードにぶつかることなく通過することができた。

リアビューミラーを見るのと同時に衝突音が聞こえた。後続車が接触してしまったのが見え、左の2車線を封鎖している。後ろから車が2-3台しかついてこないので、のろのろと走りながら、しみじみと「助かった~」と思うと、遅ればせながら心臓がバクバクしてきて、今のシーンを頭の中で巻き戻し再生している自分に気づいたので、ハイウエーを降りてから車をとめて少し休んだ。

2年前に交通事故で同じ車に乗っていた乗客の中で唯一生存した事といい、今回のことといい、大げさかもしれないが、何か守られているというか、運があるというか、不思議な感じがする。

ヒューストンに来てはや半年、そろそろ運転にも慣れてきたところだったので、気を引き締めるいい機会にはなった。

今日のBGM:"Detroit Rock City" (KISS)

|

« 日曜の夜、いきなり痙攣!(ヒューストンお犬様事情その3) | トップページ | インド君 »

コメント

Robinさんが生存したのには、きっと何か
あると思います。私は ずっと思っていました。
何か この世に使命をうけているのだはないの?
(江原啓之流的 言い方)

投稿: けろよん。 | 2007年5月19日 (土) 10時17分

その考えはかっこええですね。頂きます。
でも何だろう、使命........

投稿: Robin。 | 2007年5月20日 (日) 21時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26854/15121619

この記事へのトラックバック一覧です: 事故らない運?:

« 日曜の夜、いきなり痙攣!(ヒューストンお犬様事情その3) | トップページ | インド君 »