« ジャパンフェスティバル | トップページ | 事故らない運? »

2007年4月22日 (日)

日曜の夜、いきなり痙攣!(ヒューストンお犬様事情その3)

先週はヘビーな一週間だった。

ちょうど一週間前の日曜日の夜、そろそろ寝ようかなと思ったその瞬間、さっきまで元気だった愛犬びんろ号の様子がおかしいことに気づき、抱き上げようとしたら、どこか痛かったのか「ウキャワンッ!」と悲鳴、その後も腕の中でみるみるうちに震えが大きくなっていった。

焦りながら、ネットで「犬、痛み、震え、突然」と入れて検索すると、いくつかのページにびんろ号と同じダックスのヘルニアに関する情報を発見、その内の一つにヘルニアは放っておくと悪化し、下半身が麻痺するリスクがあるので、とにかく少しでも早く獣医に見せて!コメント。獣医を捜さねば...........

またまたグーグルでemergency dog houstonで検索すると、一番上にヒットしたサイトがAnimal Energency Clinic という病院で平日の夜から朝、日曜祝日の24時間(=要するに普通の獣医が閉まっている時間)のみ開いている動物病院を発見、しかも場所は自宅から車で5分!
www.animalemergencyhospital.com

電話で道順を聞いたのですぐ到着したのは良かったが、受付を済ませてた後、いくら待っても呼ばれない。どうやら前の患者の手術に手間取っているらしい。1時間たって漸く診察室に通さ、助手らしき人から問診を受けて更にドクターを待つことまた30分、さすがにこちらも犬も憔悴し始めたこと、また助手がきて「深刻な救急患者が入り吐血もしているのでそちら優先で更に40−50分かかる」と謝罪説明があった時点でさすがに切れて帰ることにした。もう月曜の未明だし、びんろ号の震えも少しましになったので、かかりつけの獣医に行くことにした。

先ず出勤して7時からの会議に落ち着かないまま出てから、獣医のあく9時に電話、アポの取れたのは午後だったが連れて行き、診察してもらうとやはり症状から見て椎間板ヘルニアの疑いが濃く、レントゲンと血液検査をすることになった。麻酔が必要というので、一旦預け、夕方また引き取りに行くと、麻酔が抜けきれずに後足がたたない不憫なびんろ号が..........

炎症緩和、痛み止めにステロイド系の薬を飲ませると、楽になったみたいで眠るようになったものの薬の副作用でそれからずっと多飲水、多尿の症状が出て(しかも我慢というか調節機能が緩くなるみたいで)、家中あちこちで水たまりができるようになってしまった。以来、何回その後始末に追われていることやら.......

でもしんどいのはびんろ号自身、何とか早く薬を減らしてやりたい。しばらくは獣医通いが続きそう......

今日のBGM:「The Moon Rose」(高中正義)

|

« ジャパンフェスティバル | トップページ | 事故らない運? »

コメント

ん~、大変そうですネ。
早期の回復をお祈りしております(まじ)。。

投稿: OdaibaWind | 2007年4月28日 (土) 08時16分

ありがとうございます。
もうすぐ11歳(人間だと70歳前後ですかね)になるので、これからはこういう心配事が多くなりそうです......

今回のトラブル中、ちょっとした発見がありました。
ネットでヘルニア犬の情報を集めようとブログをあたっていたら、たまたま見つけた同じダックスフンドのヘルニア闘病記録のブログに、Odaiba Windの曲が貼り付けてあったのです。

http://blog.livedoor.jp/hirsi04/

全くの偶然に感激すると同時に、このブログで紹介されている海号が最後までがんばっていた姿にジーンとした次第です。Odaiba Windの音楽が、ペットロスの飼い主さんも癒しているのですね。

投稿: Robin。 | 2007年4月29日 (日) 10時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26854/14819214

この記事へのトラックバック一覧です: 日曜の夜、いきなり痙攣!(ヒューストンお犬様事情その3):

« ジャパンフェスティバル | トップページ | 事故らない運? »